中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログ

和して同ぜず

君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず

出典:論語

 

「君子は、全体の和を考えつつ、主体性を持っている。

 小人は、主体性が無く周囲と同調するが、全体の利は考えない。」

 

という様な意味の言葉で、全体の和の部分を利益と解釈した方が、シックリくるかもしれません。

 

日常にありがちな、料簡の狭い同調圧力や、見当違いな個人主義に対して、これ程クールにもの申す言葉は他に無いと思っています

  

論語 (ちくま文庫)

論語 (ちくま文庫)

©中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログAll Rights Reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ