中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログ

40人の組織論

明治時代、日本で初めての小学校制度が導入された時、海外から、日本の学校教育は、軍隊式を取り入れていると評されています。

 

小学校の1クラスが最大40人の理由

 現在は、少子化の影響で事情が異なりますが・・・

 この40人という人数は、軍隊でいう中隊の人数にあたり、何を意味するかと言うと、

  1人の人間の目の行き届く範囲の限界の人数になります。

 

軍隊と学校では、その目的が異なりますが、

  • 軍隊なら、指揮官が戦いながら、部下を指揮する。
  • 学校なら、教師が授業をしつつ、生徒を指導する。

という共通点があります。

興味深い点は、どんな優秀で統率力がある指揮官や教師でも、個人の影響が及ぶ人数の範囲(最大40人)は、変わらないという点です。

 

40人が、組織の成長分岐点

大会社でも、中小企業でも、組織は成長すると再編成/分割されていきます。 大企業なら新部門の設立ですし、中小企業なら初めて複数部門の概念が生まれます。

 

成長する部門のトップは、総じて個人として優秀で、その優秀な人間の目が全ての範囲に行き届けば、細部まで最適化され無駄が減り、成果を生み出す部門に成長します。

 

しかし、部門の人数が40人より増えれば、優秀な人間の目が届かない箇所も出てきますし、部門が分割されれば、最適化が崩れ今までの当たりができなくなり、

トップも含め個人の能力が優秀であればある程、このジレンマが発生します。

 

40人の限界を踏まえた普段からの仕組み作り

当たり前の事ですが、人数の増加や分割は、一時的に組織の総合力の低下を招きます。

 

 個人の能力の成長も大切ですが、同時に部門が分割されても、総合力の一時的な低下を軽減する仕組みを、普段から少しずつ作り上げていく事も、組織の成長にとって大切な事です。

 

©中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログAll Rights Reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ