中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログ

データサイエンティストと中小企業診断士とSEの未来

f:id:minoza1234:20190615132629j:plain

データサイエンティストとは、

さまざまな意思決定の局面において、
世の中の多様なデータを、さまざまな側面で分析して、

合理的な判断新しい価値を見出したビジネス創造
意思決定者をサポートを行う人材や職務のことです。

 

ビジネスや市場トレンドなど幅広い知識と、

統計解析や情報技術(IT)の幅広いスキルが必要になる点や、

分析/助言・診断する点など、中小企業診断士と共通点が多い。

 

また、システム開発とも、仕事の進め方も、とても良く似ている

  1. 要件意義:データ分析↓
  2. 実装:プログラミングで、データを見える化
  3. 分析結果に基づいた提案

 

ちなみに、

  • 平均年収:655万円
  • 2020年のビックデータ市場予想額は、2889億円 (日本のシェアは世界市場の1.5%)
  • 2017年現在、国内の人材数は、1000人(このままでは、25万人のデータサイエンティストが不足する。)

これから成長が期待される業界だ。

昔とった杵柄で、少し勉強しようと思い、統合開発環境

f:id:minoza1234:20190615130731p:plain

をPCにインストールしてみた。

 

簡単なサンプルを作って、少し動かした程度だが、

機会があれば、どんなものかブログで紹介していきたい。

 

東京大学のデータサイエンティスト育成講座 ~Pythonで手を動かして学ぶデ―タ分析~

東京大学のデータサイエンティスト育成講座 ~Pythonで手を動かして学ぶデ―タ分析~

  • 作者: 塚本邦尊,山田典一,大澤文孝,中山浩太郎,松尾豊[協力]
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2019/03/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

©中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログAll Rights Reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ