中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログ

ECRS(改善の4原則):な・い・じゅ・か

5Sと一部共通する部分もあるが、業務改善のフレームワーク

 

フレームワークに頼りすぎる事に偏見も持つ人もいるが、

フレームワークの最大の利点は、誰でも基本を押さた正しい型で、物事を進められる事だ。

 

もし、会社などで、業務改善を命じられたら、

色々余計な事を考える前に、まず次のステップで、改善ポイントを考えてみよう。

1.Eliminate(排除):無くせないか?

まず、無駄な作業をしていないか考えよう。

2.Combine(結合):一緒にできないか?

何かについでもできる事はないか

3.Rearrange(入替え):順番を変えられないか?

順番を変えた方が、効率的にできることはないか?

4.Simplify(単純化):簡単にできない

作業そのものを簡単にできないか

 

状況によって、ブロック遊びのように、フレームワークを崩したり、他のフレームワーク組合わせれば、応用は無限だ。

 

自分なら、状況に応じて、こんなイメージのExcelシートを作って、業務改善の分析をしている。

 

作業の目的

作業のアウトプット(有形/無形)

 

       QCDへの影響

ECRSの改善

ECRSの改善

 

 

フレームワークは、ツールではなく、ツールを構成するパーツに過ぎない。

 

 

 

©中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログAll Rights Reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ