中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログ

モノ+コト思考で顧客を創出

こんな昔話がある。

 

昔、まだTVが普及していない時代。

映像娯楽の中心は、映画で、芸術的な映像作品が主流だった。

 

しかし、TVが登場で、映像作品が家で気楽に楽しめるようになり、芸術的なものより、ソファーでくつろいで、気軽に楽しめるバラエティのような番組が好まれるようになり、映画からお客様の足は遠のいた。

 

あなたが映画会社の立場ならどうするか。

自社の商品・サービスを次のどちらかで状況は大きく変わる。

 

モノ思考:芸術的な映画

より良いものができても、芸術的な映画という枠に囚われてしまう。

 

コノ思考:映像によるエンターティメント

映画というモノに捕らわれず商品やサービスを発想することができる。

具体的にいうと、映画で培ったノウハウを活用して、バラエティ番組やショートドラマやアニメやドキュメンタリー番組や、CMを作成することができる。

 

だからと言って、モノ思考が否定される訳ではない。

コト思考の根っこを支えるのがモノ思考だ。

 

もし、モノを作ることができない企業が、

モノに捕らわれず商品やサービスを発想しても、誰も見向きはしない。

 

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版) [DVD]

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版) [DVD]

 

 

©中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログAll Rights Reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ