中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログ

4半世紀以上続く「クリリンと天津飯どっちが強いか」論争について

ドラゴンボールファンの間で、インターネット普及時(1995年)から4半世紀が経過した現在も継続しており、不毛な議論の代名詞ともなっているこの論争について、ドラゴンボール世代の中小企業診断士として、私見を述べたいと思います。

 

様々なネット掲示板で、

 

・作中の描写による根拠

 :気功法によるセルの足止め及び魔人ブウの気弾を相殺、ヤムチャの地球人最強はクリリン宣言など


・戦闘力という途中まで使われていた指標値

 :天津飯:250→1830、クリリン:206→1780


・アニメやゲーム等の別メディアの分析

 :アニメ版でギニュー特選隊に勝った、ゲームでのパラメータによる優劣

 

等々、皆のドラゴンボール愛に溢れる論点が展開されており、面白い内容ですが、大人げなく空気を読まず、この不毛な論争の原因を挙げると、

「前提条件の不十分さ」にあるかと思います。

 (まあ皆、それも含め楽しんでいる訳ですが・・・)

 

実際の仕事でも、前提条件が不十分の為、収束しない不毛な議論がゾンビのように何度も蘇り、参加者の時間と労力だけが消耗されてしまうケースが、よく見受けられます。

 

議論をする上で、前提条件の設計を如何に上手くするかで、議論の収束具合は、大きく変わります。

 

例えば、共通の前提条件をベースに複数の並行条件を設定して、並行条件毎に小結論を出して、その発生頻度やメリット/デメリットなど総合的に比較しながら、収束点を探すなどでしょうか。

 

話が横道に逸れてしまいましたが、

 

最後に、この「天津飯VSクリリンどっちが強い論争」についての私の私見です

 

天下一武道会のようなタイマンなら天津飯

 :超サイヤ人、同化や合体、他力による潜在能力解放など、ドーピング紛いのインチキ行為が横行する中、彼は最後まで研鑽を続けていました。

 

・ナメック星編のような頭脳戦や集団戦ならクリリン

 :だいたい納得する線なのではないかと。

 

ヤムチャも含め、ドングリの背比べ

 :パッシングを受けそう。

 

・そもそも作者が、そこまで決めていない

 :別の意味でパッシングを受けそう。

 

・みんな大きくなっても、ドラゴンボールが大好きなので、この論争が終わってしまうのが寂しい。

 :私もそうです!!

 

ドラゴンボールZ HG ヤムチャ 約102mm PVC製 フィギュア

ドラゴンボールZ HG ヤムチャ 約102mm PVC製 フィギュア

  • スピンオフ作品の位置付けの「ドラゴンボール超」では、ヤムチャが普通に戦闘で活躍するシーンもあり、個人的には胸が熱くなりました(笑)

 

 

©中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログAll Rights Reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ