中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログ

)

一度は大騎士団や大国に使える事を夢見るが・・・(ファイブスター物語)

若い騎士は一度は大騎士団や大国に使える事を夢見るが・・・

 

大国や多くの騎士団は家柄や血統、出身、扱いやすい性格の騎士を選ぶと気がつく・・・

 

そんな世の中のしくみに気が付いて、イヤになっている奴らは山程いるんだ。才能も力もあるのにな。

 

「ジィッドって無名の駆け出しがハスハ戦で手柄を立ててシュペルターを褒美にもらった」このニュースが飛び回りゃ

 

一発やるかとバッハトマに集まってくる。

チャンスはいくらでもあるってな。

面白いれーじゃないか

 

出典:ファイブスター物語 デコーズワイズメル

 

魅力的な敵役のセリフなのですが、世の中を良く表しています。

 

騎士団を会社に置き換えると

 

大企業の騎士は組織戦(社内政治やプロジェクト運営)には慣れていますが、個人戦や乱戦(実作業や想定外のトラブル等)には不慣れです。

 

中小企業の騎士はその逆で、個人戦や乱戦には慣れていますが、大規模な集団戦には不慣れです。

 

いくら優秀な騎士でも、所属する騎士団(大企業、中小企業)の戦法と相性が悪いと力を十分に発揮できません。

 

デコーズの言うように「そんな世の中の仕組み」に潰されてしまう騎士がいることも現実ですが・・・

 

「そんな世の中の仕組み」を逆手にとった活路を見いだす事が、大企業の騎士にも、中小企業の騎士にも求められる要素かと思います。

 

例えば「誰かが炎上させたプロジェクトの火消し」など損な役回りを仰せつかった時は、大義名分を逆手に混乱に乗じて、今後のゲームを有利に進める布石を打つ絶好のチャンスではないでしょうか。

 

ファイブスター物語 (12) (ニュータイプ100%コミックス)

ファイブスター物語 (12) (ニュータイプ100%コミックス)

  • 作者:永野 護
  • ファイブスター物語は、「ストーリーや設定の複雑さを読者が調べ補完しながら読み進める」という若干敷居が高い漫画ですが、登場人物やメカのデザインが秀逸なのでお勧めの漫画です。
 

 

©中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログAll Rights Reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ