中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログ

文章のタイトルは最後に見直す

文章本で、良く紹介されるテクニックです。

誰でも、文章の全体像をある程度設計してから、文章を書き出ししますが・・・

やはり文章を書いている途中で、相手に伝えようとする目的に追加変更が発生することが少なくありません。

 

そうすると、最後に完成した文章と、最初に書いたタイトルの内容が乖離してしまい、結果として分かりにくい文章になってしまします。(お恥ずかしながら、このブログでも良くあります。)

 

文章を書き終えた後に、タイトルを書き直す癖をつけておくと、文章の分かりやすさが向上します。

実際にやってみると、タイトルを書き直す事が半数弱あります。

 

 

 

「**すれば、○○さんが困らないようになる。」

新人の頃、自分が担当する業務の本質は何なのか考えた末、想い浮かんだ言葉です。

 

仕事の本質は、誰かの問題解決と言われていますが、

その問題解決をなるべくシンプルにするには、どうすればいいか工夫する事が、仕事の面白さだと私は思います。

 

小学生が話すような表現で恥ずかしいと思いつつも、今でも良く口にするフレーズで、

この表現ができないという事は、その仕事の本質を小学生に話しても分かるレベルまで、掘り下げていない事になりますので、

自分の理解不足や掘り下げたい要素がある場合は、このフレーズを切り口にして、相手と積極的にコミュニケーションを取って仕事の内容を詰めていきます。

 

実際やってみると、表面的言葉や漠然とした言葉を鵜呑みしている部分が浮き堀りになる事が少なくありません。

小学生でもわかる お金にまつわるそもそも事典

小学生でもわかる お金にまつわるそもそも事典

 

少し言葉を変えてみる事でアクションが変わる

私達は、自分自身や誰かが発する言葉に動かされて生きています。

 

例えば、

少し体調が悪いと思ったら、早く寝るようにする。

 

の一部を「思う」から「感じる」に変えてみるだけで、

少し体調が悪いと感じたら、早く寝るようにする。

 

文章全体にしなやかさが生まれ、実際にアクションする上でも、柔軟性や応用性が加わるように思います。

 

言葉に捕らわれすぎて、アクションを躊躇するのは本末転倒ですが・・・

 

自分の頭に浮かんだ言葉を、何パターンか変化させてみる事で、言葉の裏に隠れて気付かなかったものも、色々見えてくるのではないでしょうか。

 f:id:minoza1234:20200419094100j:plain

 

意外と安いディスプレイアーム

コロナの影響で、在宅勤務者も増え、ノートパソコンで長時間作業して疲れたという話をチラホラ耳にします。

 

以前から、自宅での長時間作業用として、ディスプレイアームを購入しています。

 

購入するまでは、ハイソなイメージがあって、高額という先入観がありましたが、意外に安く3,000円台のものもあります。

 

机のスペース確保、目の位置キープによる首肩への負担低減の効果を考えると、非常に安い買い物だと思いますので、自宅にディスプレイとPC机がある方は、購入をお勧めします。

 

f:id:minoza1234:20200418135646j:plain

 

 



 

4半世紀以上続く「クリリンと天津飯どっちが強いか」論争について

ドラゴンボールファンの間で、インターネット普及時(1995年)から4半世紀が経過した現在も継続しており、不毛な議論の代名詞ともなっているこの論争について、ドラゴンボール世代の中小企業診断士として、私見を述べたいと思います。

 

様々なネット掲示板で、

 

・作中の描写による根拠

 :気功法によるセルの足止め及び魔人ブウの気弾を相殺、ヤムチャの地球人最強はクリリン宣言など


・戦闘力という途中まで使われていた指標値

 :天津飯:250→1830、クリリン:206→1780


・アニメやゲーム等の別メディアの分析

 :アニメ版でギニュー特選隊に勝った、ゲームでのパラメータによる優劣

 

等々、皆のドラゴンボール愛に溢れる論点が展開されており、面白い内容ですが、大人げなく空気を読まず、この不毛な論争の原因を挙げると、

「前提条件の不十分さ」にあるかと思います。

 (まあ皆、それも含め楽しんでいる訳ですが・・・)

 

実際の仕事でも、前提条件が不十分の為、収束しない不毛な議論がゾンビのように何度も蘇り、参加者の時間と労力だけが消耗されてしまうケースが、よく見受けられます。

 

議論をする上で、前提条件の設計を如何に上手くするかで、議論の収束具合は、大きく変わります。

 

例えば、共通の前提条件をベースに複数の並行条件を設定して、並行条件毎に小結論を出して、その発生頻度やメリット/デメリットなど総合的に比較しながら、収束点を探すなどでしょうか。

 

話が横道に逸れてしまいましたが、

 

最後に、この「天津飯VSクリリンどっちが強い論争」についての私の私見です

 

天下一武道会のようなタイマンなら天津飯

 :超サイヤ人、同化や合体、他力による潜在能力解放など、ドーピング紛いのインチキ行為が横行する中、彼は最後まで研鑽を続けていました。

 

・ナメック星編のような頭脳戦や集団戦ならクリリン

 :だいたい納得する線なのではないかと。

 

ヤムチャも含め、ドングリの背比べ

 :パッシングを受けそう。

 

・そもそも作者が、そこまで決めていない

 :別の意味でパッシングを受けそう。

 

・みんな大きくなっても、ドラゴンボールが大好きなので、この論争が終わってしまうのが寂しい。

 :私もそうです!!

 

ドラゴンボールZ HG ヤムチャ 約102mm PVC製 フィギュア

ドラゴンボールZ HG ヤムチャ 約102mm PVC製 フィギュア

  • スピンオフ作品の位置付けの「ドラゴンボール超」では、ヤムチャが普通に戦闘で活躍するシーンもあり、個人的には胸が熱くなりました(笑)

 

 

お客様から頂いた嬉しかった一言

仕事をしていると、厳しい言葉を頂く事がありますが、時には嬉しい言葉を頂く事もあります。

 

もちろん、成果に対する評価を頂いた事もありますが、一番印象に残っている言葉は、あるお客様の退職の際に頂いた次の一言です。

 

一緒に仕事するのが、本当に楽しくて、メールで済む事も、つい電話してしまっていました(笑)

 

システム保守のサポート対応の仕事だったので、私が知る限り、そのお客様が担当される多数の業務の中で、特に面白い要素があるものとは思えませんし、他の人間が担当しても、実質的なサポート内容は大差なかったと思います。

 

そのお客様とプライベートの付き合いがあった訳でもなく、電話やメールと短い打合せだけのやりとりでしたので、そもそも退職時にわざわざメールを頂けるなど、夢にも思っていませんでした。

 

ただ、「プロとして任されたシステムを、お客様に納得して使って頂く。」

 

という自分自身の拘りが、このような形で評価頂いた事は、仕事をする上での大きな財産になりましたし、またご縁があり、そのお客様とお会いする機会がありましたら、あの時に頂いた言葉に恥じないような仕事したいと励みにもなっています。

 

 

 

©中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログAll Rights Reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ