中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログ

博多スパイシーキャビア(明太子)

 

武田鉄也さんのラジオ番組の今朝の3枚おろしで、紹介された本

1行バカ売れ (角川新書)

 

その中で、一番面白かったエピソードの話。

 

「お客様が持つイメージ含めて商品なのだ」と改めて認識させられた。

 

どんな話かというと、

 

博多出身のシェフが、ニューヨークに出店。

 

まずは、「豚足」がヒット。

※豚足は、海外では食べる習慣が全然なかったので、

ちょっとしたイノベーションだったのだろう。

 

いよいよ本腰を入れ、売り出したのが「明太子」

この時は、メニュー名は、Cod Roe(タラの卵)」

 

仕入れた明太子は、品質の良いものだったが、

同じ食べる習慣がない物でも、魚卵は気持ち悪がられ、

お店に閑古鳥が鳴いたが、メニュー名を変えたら大ヒット!!!

 

それが、「博多スパイシーキャビアだ。

 

白ワインやシャンパンに合う的なキャッチフレーズで、大ヒットした。

 

やはり名前(キャッチコピー)で、商品そのもののイメージは、

全く別物になる。

 

明太子のスパゲティ・・・

何かそこらの喫茶店にある、庶民っぽい料理のイメージ。

 

スパイシーキャビアのパスタ!!!

急に高級感がでてくるし、一緒に白ワインやシャンパンも欲しくなる。

 

キャビアは知っているけど、明太子を知らない外国人のインパクトは

図り知れないものだったのだろう。

 

自分は、明太子はご飯で食べたい派なので、パスタにされるのが嫌なのだが、

ちょっと、白ワインと一緒に、スパイシーキャビアのパスタを食べてみたくなった。

1行バカ売れ (角川新書)

1行バカ売れ (角川新書)

 

他にも、思わず、ほっこりしたり、つい笑ってしまうエピソード満載です。

©中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログAll Rights Reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ