中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログ

百式に不満を言わないZガンダム時代のシャア

Zガンダムは、初代ガンダムの7年後の世界を舞台にした続編です。

 

Zガンダムの面白さとして、前作のラスボスであるシャアが、新主人公のサポート役として登場しますが、個人的な複雑な事情も色々あり、前作の力強さは失われ、百式という型落ち機体で、最新鋭の機体を操る強敵に苦戦を強いられます。

MG 1/100 百式Ver2.0 (機動戦士Zガンダム)

MG 1/100 百式Ver2.0 (機動戦士Zガンダム)

 「そんなモビルスーツで、このジ・Oと対等に戦えると思っているのか!シャア」

 放送当時、このシャアの弱体化に疑問を持ちつつTVを観ていましたが、 オッサンになって、2つ気付いた事があります。

ロールプレイングゲームと違い人間は、ある程度経験を積んで成長すると、停滞時期が来ること

しかし、そんな事情とは関係無く、戦場(仕事)に投入され、型落ち機体(自分)で、最新機体(若くて優秀な人材)と渡り合う事になり、

苦戦もするし、敗北もする事もあります。

Zガンダムの劇中なら、アッシマー、ガブスレイ、ハンブラビ等の可変MSとの戦闘でしょうか。 (前作の全盛期のシャアなら、もっと有利に戦いを進められた筈です。)

 

Zガンダム時代のシャアは、停滞した現状に不満を言う場面が殆どないこと

視聴者の主観で、意見が分かれるかもしれませんが、

過去の栄光に振り返らず、現状を受入れ、苦戦する戦いに淡々と対応しています

最終決戦で、ニュータイプ専用MSのジ・Oキュベレイ相手に、2対1の絶望的な戦いを強いられた状況でも心のどこかで、冷静に現状を楽しんでいるようにも見えます。

 

Zガンダム時代のシャアのように、スランプや停滞した状況に陥った際

現状でどこまでやれるか状況を楽しむ余裕が、状況を好転させたり、次の成長に繋がるキッカケになるのではないかと私は思います。

 

後日談ですが、「ジョニーライデンの帰還」という後日談で、停滞時期を乗り越えたシャアが、Zガンダム時代に苦戦したヤザンを圧倒するシーンを見る事ができます。

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還(18) (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還(18) (角川コミックス・エース)

  • 迷いがない・・・。こいつ本当にあの金ピカ(百式)を操っていた男なのか?

 

 

©中小企業診断士になったSEのオルタナティブなブログAll Rights Reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ